Above the clouds

主にアイルランド音楽で使われるフィドルを勉強中です。日々の気づきなどを書いていきます。

姫木平アイリッシュミュージックキャンプ2017

でした!とても良かったです。

 

講師としていらっしゃった小松さんもパットさんもオーインさんも曲のメロディーを大切に弾くというところが共通していて、勉強になるところが多々ありました。

ざっくり言うと小松さんからはメロディーの中での起伏をどうやって作るかという話を、パットさんからはメロディーのアレンジの仕方やチェーンの作り方の話を、オーインさんからはそれぞれのリズムの考え方と、音楽をどうやって学んでいくかという考え方の部分をワークショップでは教えていただきました。

夜のセッションは21時から深夜2時過ぎくらいまでだったでしょうか、とても濃いものになりましたし、この録音を繰り返し聴くだけで何にも勝る学びになるんじゃないかと思います。

 

このキャンプ中から少しパットさんを意識した弾き方をするようになりました。

メロディーをゆっくり大切に弾くとか、ガツガツせずに落ち着いて、とかそんな感じ。

しばらくはそんな感じでやってみようと思います。

そして存じ上げなかったのですが、オーインさんはコークで演奏されているらっしゃった方なのですね。

ワークショップでオーインと一緒にポルカを演奏したのが最高に楽しかったです。

ポルカやスライドを弾くとテンション上がりますね!

ほんとこの2日間でパットさん、オーインさんのファンになりました。

 

そして名古屋、静岡を中心に顔見知りの方が増えてきました。

今後も色んな場所でお会いするのだろうなぁという気がします。楽しみですね。

f:id:arvensis1004:20170617221835j:plain

Irish music party

富山のIrish music party行ってきました。

立山の麓、スキー場のすく横にあるKAKI工房という家具メーカーさんのお庭での開催でした。

緑が多く、山の景色も綺麗で気持ちの良い空間でした。

Ojizo、John john festival、tricolorという日本で一番有名なアイリッシュバンドさんたちだろうと思われますが、勢ぞろいということで豪華ですよね。

事前に他の地域で行われた同イベントの映像等をみている感じでは、参加者みんなが奏者を取り囲んでスタンディングライブの雰囲気になるのかなと想像していましたが、こちらは食事つきということもあって、テーブルに座って談笑しながらBGMのように聴いている人やら、近くで真剣に見ている人やら、盛り上がってきたら近くで踊る人やら、結構みなバラバラの楽しみ方で、トシバウロンさんもおっしゃっていましたが、みながあまり音楽にがっつかない、緩い雰囲気の中で楽しめるというところが私も良かったなと思います。

f:id:arvensis1004:20170604225334j:plain

f:id:arvensis1004:20170604224811j:plain

 

f:id:arvensis1004:20170604225212j:plain

セッションであえて一緒に演奏しないこと

先日知人が、上手いミュージシャンとセッションで一緒になった場合、隣で弾くのはもったいない。それよりは観察に徹してそのミュージシャンから色々なものを盗みたいということを言っていて、ああそういう風に考える人もいるかと気づくことがありました。

確かに他のミュージシャンと一緒に演奏していても他の人の演奏を見たり、音を聞いたりすることはそれなりに余裕がないと難しいことだと感じます。

覚えたての曲やうろ覚えの曲を弾いているときや、速いスピードになんとか合わせようとしているときも自分の演奏に手いっぱいになっているかもしれません。

そういうときは下手に演奏に加わらず、他の人の演奏を注意深く見て勉強するのが良さそうです。

しかし、ある程度弾きなれている曲であったり、それなりにセッション慣れした人であれば、自分が弾きながらでも他人を観察することは出来るのではないでしょうか。

自分が弾きたい弾きたい!という欲求を持ちすぎると自分の音しか耳に入らないだろうから、常に他人の音を聴くという意識を持つことでしょうか。

独奏じゃなくてセッションですからね。これ自分に言い聞かせているんですが。

 

それはともかく、上手いミュージシャンのいるセッションで自分も一緒に演奏することもとても大事じゃないかなと思っています。それは一緒に演奏することで、その曲のうねりだったりノリを体で覚えることができるからです。

ダンス音楽だから特にでしょうか?このジャンルの「上手い」というのは正確に音を出せるとか、綺麗な音を出せるとかではなくて、ノリを出せるということだと思いますし。