Above the clouds

主にアイルランド音楽で使われるフィドルを勉強中です。日々の気づきなどを書いていきます。

楽譜で曲を覚えることについて

アイリッシュでは楽譜を見て曲を覚えるのは良くない、っていう風潮が日本では見受けられるのですが、アイルランドでも子供が譜面を見て曲を覚えている風景を見にしました。

また、現地のワークショップでもABC譜(五線譜が使わることがあるかどうかは知らない)を使って曲を覚えることもあると聞きました。

もともとは口承の音楽で、昔の人はみんな音を聴いて覚えていたんでしょうけど、今は必ずしもそうではないということです。

 

一方でセッションで楽譜を使うことは無しだと思います。

これはさすがにアイルランドでも無いのではないでしょうか…?

(曲を思い出すために演奏前に確認するのはあると思います)

例えば自分が譜面で覚えた曲がセッションで出たときに、まずは自分が覚えたバージョンで混ざろうとするわけですが、相手が出したチェーンが同じ曲といえところどころリズムや音が違うということはザラだと思います。

そこを相手の演奏に合わせて自分の演奏も若干変えていく、というのがセッションの中でのコミュニケーションの一つではないかなと思います。

あえて、自分は自分のバージョンで弾くのだ!というスタイルもあるとは思うのですが…それはそれで攻撃的?挑戦的な雰囲気で面白いかもしれませんが。

以前も書きましたが、楽譜をまる覚えすることによる弊害は、一音間違えたら止まってしまうとか、ちょっとバージョンの違う演奏にはまったく対応できないとか、そういうことじゃないかなと思います。

 

アレンジの効く演奏をするためには楽譜で覚える際も、楽譜と録音を併用するというのが良さそうです。

私も基本は録音で曲を覚えますが、全体的な流れを掴みたいときに楽譜も併用します。

そうすると覚えるスピードが違います。また曲を度忘れしたときも楽譜をチラっと見れば曲を思い出せたりするので、便利ですね。あ、これは五線譜の場合です。

曲を完全に覚えてから練習するという人もいますし、もしかしたら先輩方にはそうすべきだと怒られるかもしれませんが、私はざっくり音の流れを掴んだ時点で練習し始めます。

アイリッシュは他の曲と同じようなフレーズを使う曲が多いので、ここはあの曲のようなフレーズで…という風に考えていくとスムーズです。

そうやって練習する中で「あれここどうだったっけ?」とか、弾いてみて「ここはちょっと録音と違う気がするなあ」というのを把握した上で、また録音を聞き返す、「あ、ここはこういう音だったか」と再確認し、また練習する。

こんな感じで練習するのが効率的じゃないかなと思いますし、曲の覚えも良くなると思います。

知らない曲も楽しみ

先週は京都のウッドノートセッションへ。

18切符の鈍行電車で5時間半かけて…

とても良かったです。また行きたい。

 

住友さんと山口さんが以前富山にいらっしゃったときに行ったライブではほとんどが知らない曲。今回のセッションも多くが知らない曲。

知らない曲を聴くのは行ったことのない土地に旅するみたいで楽しいです。

アイリッシュをやっていくほどに自分の好きな音楽が見えてきて、そこからこういった音楽がこんな人たちによって演奏されてきた、その人たちはこういう土地でこんな生活をしていた、というところまで知識が広がっていくのですよね。

私なんかはまだ入り口。ようやく好きな音楽が見えてきたくらい。

誰が演奏していたとかは曲によっては分かるけど、どんな人だったかなんてほとんど知らない。

でも同じ曲を繰り返し演奏していくと、気になってくるのですね。

それは他の人から「それ何て曲?」とか「どこで覚えたの?」って聞かれたときにちゃんと答えられるようにしていたい、という気持ちもあるからですが…

そんなことを考えると一生をかけて追及しがいがある音楽だなあと思うのです。

東京行ってきました

先週末の連休は東京に行ってました。

金曜日は千川セッションへ。

結構緊張して入りましたが、静かで良い雰囲気のお店だなと思いました。

残念ながらいつものホストさんは不在でしたが、常連さんたちと良き時間を過ごすことが出来、楽しかったです。

セッションではある人はいつも同じ曲を出すそうです。

飽きもせずしつこく自分の好きな曲を出し続ける。かっこいいと思います。

 

土曜日はちょっと観光をと思い、仲間と行ったことのなかったスカイツリーにのぼったり、ソラマチをうろうろしました。

ある程度満喫したところで、スカイツリーの途中の階で外出るとドームガーデンっていう静かな良い感じのお庭があって、うわーここでセッションやりたい!…と、どこ行ってもアイリッシュ脳やな…。

それでお互い楽器弾きたくなってきちゃったんでホテルまで楽器を取りに帰り、夕方以降はまた別のところでセッション(笑)

この日は普通に観光するつもりやったんやけどな(笑)

 

日曜日は昨年のケビンライアンさんのワークショップで知り合った方たちとカラオケでセッションでした。

音楽三昧。。

東京良いなぁ…。1か月に1回、せめて2か月に1回は行きたい。

金沢のセッション仲間は1か月に1回行ってるし、まぁお金の問題もあるけど、気合いが大事かもなぁ。