Above the clouds

富山でアイリッシュフィドルを弾いています。日々の気付きやイベント報告などを書いていきます。

27日~30日は関西に行きます

ずっと東京楽しみ、わくわく!でしたが、今日職場の送別会をしていただき、何だか初めて名残おしい気持ちになりました。

みんなお年頃なので結婚したり、妊娠したりという話もあり、余計に自分との距離が遠のく感じもして少し寂しいです。

 

さて、27日~30日は関西の方に旅行に行きます。

27日姫路→神戸、28日~29日京都、30日帰宅(午前は京都にいると思う)の予定です。

主に音楽目的(というかミュージシャンに会いに行くのが目的)ですが、姫路は初めてですので姫路城行ったり観光も少しする予定。

加えて神戸のセッションに、28日~29日はウッドノートのライブ&セッションに遊びに行く予定です。

東京に行くと関西が遠くなるので行く頻度も減るかと思いますので、今回色んな方とお会いできればと思います。

今のところの課題(メモ)

音の出だし(アタック)が弱い

→弓をしっかり引っ掻けて弾く、弓の初速を上げる

→弓を弦に対して垂直に音を出す

→適切な弓の張り具合

 

音量が低い

→弓を使う量を増やす

→弓を弦に対して垂直に保って弾く

 

音の繋ぎ目が切れやすい

→一音一音の頭の発音を意識する

 

アクセントが物足りない

→もっと思いきって弓を使い、アクセントをつけて良い(耳元では大げさに聞こえても外から聞くとそれで丁度良いくらい)

 

表現力がない

→曲の流れを理解し、ダイナミクスを意識して弾く

→間違えても良いという気持ちで色々な音のアレンジに挑戦する

 

音程が合わない

→違和感のある音はチューナーを使ったりして重点的に練習。他の人とたくさん合わせる

 

若干走る

→他の人と合わせる機会を増やす。1曲を余裕を持って弾けるようになるまでたくさん弾く

その熱意はどこから…

先日はふーさん(赤嶺さん)が来日してる関係で名古屋のイベントに遊びに行ってきました。

去年から何回行ってるんですかね、名古屋…。観光という点では若干寂しい土地かなと思いますが、心地よい場所で何度も行きたくなってしまいます。地下鉄も少し慣れてきましたよ(笑) 

今回は東京の方も複数、遠い方では宮城の人までいらっしゃっててまたいつもと違ったメンバーの中で名古屋セッション楽しみました。

今回改めて感じたのは名古屋アイリッシュシーンの牽引役の方々の熱意がすごいなーと。

ライブやセッション終わってから、移動の車中のBGMでアイリッシュを、家に帰ってからはYouTubeで演奏動画を見て、それについて語らい合う(今回お世話になりました)、次の日はカラオケで練習し、その後のライブへGo。終わってからは早くも次のイベントに向けて動き出す、という。

こうやってずっと音楽に触れているというのはどこかで疲れてきたり、飽きてきそうなものですが、いったいどうなってるんですかね(笑)

私も熱意が続いてるっちゃあ続いてますけど、そこまで音楽一筋って感じじゃないのですごいなあと思ってしまいます(でも一般の人から見たら十分音楽バカなのかな?)

私のモチベーションは色んな人と繋がれてセッションでご一緒出来たら楽しいな。上手く弾けるようになったらもっと楽しいな。というくらいなものなので、その辺りが違うんだろうなと思います。

 

ところで東京に行くと名古屋が感覚的に少し遠くなるのが残念です(それでも折々に行くつもりではあります)。

逆にこれまで行ったことのない東北だとか九州など行きやすくなる(航空券代も地方に比べたら安いしね)のは楽しみです。色々遊びに行こうっと。