Above the clouds

アイリッシュフィドルとコンサティーナを弾いています。日々の気付きやイベントのことなどを書いていきます。

セッションの楽しみ

お久しぶりです!実に2年半ぶりの投稿。

大分音楽から離れていましたが、今年入ってちょっっとずつ再開しています。

ただ以前ほどアイリッシュに熱はないかもしれない。それは生の良い音楽に触れられてないかもしれんけど。もともと音楽やってたけどアイリッシュだけが好きなわけではなかったので、そういう意味では色々な音楽を改めて聞こうって気になった感じかな。

 

セッションもやってるんですが、物足りなく感じることがあるので、自分がセッションのどういうところに魅力を感じてるか書いてみます。

 

・演奏から弾き手の好きなものが伝わってくる

曲のチョイスだったり、こういう音楽好きなんだろうな。この奏者好きなのかなとか感じられる演奏。そういう意味ではメジャーなセッションチューンをただ綺麗にひくってのはあまり魅力に感じないかも。

 

・ちゃんと周りに合わせようとしている

曲出しする人やホストに歩み寄ってるか。曲もバージョンの違いがあったり、耳コピで覚える場合、人による微妙な違いもありますよね。それに合わせに行かずに、ただ知っている曲だからと言って、自分が覚えたままに弾くっていうのは寂しいなと思います。ただ合わせるにはそれなりにすぐに音を拾えて弾ける力はいると思うので、まずは合わせようという気持ちから持つこと。弾き手を見てますか、ちゃんと音聞こうとしてますか、自分の音を大きく出しすぎて聞こえなくなってませんか。

 

・居心地がいい

演奏者も聞き手も。これには色んな気遣いも必要と思うので難しいんですけどね。ホストだったら一部の人にしか通じない話題話さないとか、新規の方も歓迎してあげるとか、聞き手とちょっとしたコミュニケーション取るとか。まあ、自分はできてないですけどねー。あと環境に恵まれているか。営業中のお店でやる場合、お店との関係性など。

 

特に大事かなと感じる要素はこの3つくらいかな。あとは練習っぽくならないとか、メリハリつけるとかも大事かなと思うけど。

最近の録音

家にいる時間が増えたことを良いことに、覚えてみたかった曲など色々練習して録ったりしています。

ちょっとずつ上げていければと思います。

www.youtube.comPadraig O'keefe&Denis murphyバージョン。

Aidan conolly&Andrea Palandriが同じくやってる動画もYoutubeに上がっているので一部のバリエーション参考にさせていただいた。この曲はデュオでやりたいね!

 

www.youtube.comJohn DwyerがThe Dursey Soundっていうアルバムでやっているワルツ。

アイリッシュではなくフレンチカナディアンの曲らしい。Jackie Dalyがやっている録音もある。

ワルツ好きなんだけど、弾きなれなくて難しい。ワルツのダンスをイメージしながら、頭の一音目の重さや行間の長さとか、音は細かくても滑らかに聴こえるよう頑張りすぎず弾くっていうのを意識してみた。

家でまったり

昨今の情勢もあり、外出を控えています。

当然セッションも中止になり、人と弾ける機会が減ってしまったので、ネットに演奏動画上げてみたり、ネット上でコラボしてみたりとか色々してるのですが、うーん、それはそれで楽しいけど違うんだよなあ感が強い。

やっぱセッションの楽しみってその空間そのものなんだよなあということを改めて思う。

そこには対面に居て会話する人や、横に居て一緒に弾く人もいれば、カウンターで働く馴染みの店員さんだったり、後ろの方に居る知らないお客さんやその話し声だったりも重要な役割を果たしている。

また、セッションメンバーと一緒に演奏や話をする時間だけでなく、何もしない間の時間も何かしらの意味を持っている。意外とその何もしない時間の共有というのが大事じゃないかという気さえする。

 

別にこれってセッションに限った話じゃない。普通に会ってご飯食べたり、一緒の趣味楽しんだりもそうで、モノによってはネットを介して一緒に出来ることもあるけど、上記と同じ理由でやっぱ違うんだよなあと思う。

 

とはいえしょうがない。

もともと家で過ごすのは好きな方なので、この機会に存分家でゆっくりできると思ってのんびり好きなことすることにしようか。