Above the clouds

富山でアイリッシュフィドルを弾いています。日々の気付きやイベント報告などを書いていきます。

P.J. Hayes & Martin Hayes

P.J. Hayes & Martin HayesのThe Shores of Lough Graneyというアルバムにはまっています。

Martin HayesはソロアルバムやDenis Cahillとのデュオのアルバムで聞いたことありましたが、メロディーを引き立たせるためゆっくり大胆な強弱をつけて弾いていて、もっとノリノリな音楽を聴きたい(盛り上がってくるとノリノリなのですが)自分にとっては何回も聴き返すものではなかったのですが、最近Tulla ceili band(Martin Hayesも参加)のアルバムを聴いてはまって、それでP.J.Hayes(Martinの父親ももっと聴いてみようと思って、上記のアルバムを買ったところドハマリしてしまいました。

 

全体的にTullaの演奏ほど速くはないのですが、一定のテンポで終始ふわっふわっとしたアイリッシュ独特のうねりが感じられる気持ちの良い演奏です。

デュオだからよりノリが引き立つということもあるのだと思います。

この間来日されていたPat O'connorさんとも近しいものを感じます。