Above the clouds

富山でアイリッシュフィドルを弾いています。日々の気付きやイベント報告などを書いていきます。

アイルランド4日目<エニス>

4日目は朝からバスでドゥーリンからエニスまで移動。

着いてからはエニス中心部にあるホステルまで1kmほど歩いて移動。

まだ昼前だったこともあり、人はまばら。

ホステルに荷物をあずけたら、適当にぶらぶらする。

アイルランド音楽をやっている人の中では有名な音楽ショップ「カスティーズ」に寄って店員さんのおすすめのCDを教えてもらったり、隣のカフェでケーキとコーヒーを頼んでまったりしたりする。

街中ではドラッグストアとか雑貨屋さんとか全然音楽に関係ないお店の外のショーウィンドウにもフィドルやボタンアコーディオンなどの楽器が飾ってあったりして、まさに伝統音楽の聖地なんだなぁということを感じる。

お昼になり多少人は増えてきたが、フラーキョールのメインのコンペティションは1週間後なのでまだそこまで混雑していない。

f:id:arvensis1004:20161011003650j:plain

早速セッションがないかなぁとあちこちパブを探してみると、色んなパブの前に張り紙で○日の何時から誰々のセッションがありますよ、ということが書いてある。

ほとんどが夕方以降のセッションだったが、エニス修道院の近くにあるCruises Barでは本日14時からセッションありますよと書いてあり、まずはそれに行ってみることにした。

14時ちょうどに行ったら、ホストらしい綺麗なお姉さんお二人が今まさにセッションが始めるというところで他にはまだ人はおらず、フィドルを持っていた私は「やあ、あなたも演奏するの?」などと声をかけられて早速参加することになってしまった。

エニス初のセッションだ。緊張する。

普通ならセッションの様子をみて参加するか、見ることに徹するか決めたりするのだろうが、もうコーヒー頼んじゃったし、お姉さんたちと同じテーブルに座って楽器準備しちゃったし…今更抜け出せんよ…。

セッションが始まる。

幸い最初の1曲目のホーンパイプは知っている曲だったので、なんとなく参加する。

徐々にわかってきたが、お姉さんたちコンサティーナフィドル)のお二人はかなりの凄腕だ(まぁホストを任せられているくらいだからそうでしょうけども)。

ついていけるのだろうかという不安がよぎる。

でもとても良いノリで一緒に弾くのはとても気持ちが良い。

そうするうちにホストの友人らしきパイパーが登場。

やはりパイプはとても存在感があり、いきなりセッションの音の存在感が増した感じがする。

それにつれてセッションをのぞきにお店に入ってくるお客さんも増えてきて、他にもミュージシャンがポツポツ参加しだして、気づいたら10人くらいになっていた。

私が弾けたのは3割くらいだと思うが、セッションの中心にいて、周りの音に包まれている感じはとても気持ち良かった。

 お姉さんたちも綺麗なだけじゃなくて、物腰の柔らかい優しい人たちだったので良いセッションになった(一緒に写真とってもらうんだったなぁ…)。

 

夕方になり、街をうろうろしていたら偶然、エニスに在住の赤嶺さんに出会った。

横には先日ドゥーリンで出会った慶応ケルトの部長さんもいる。

それにエニスに来ていた東京芸大ケルトサークルの方も加わり、一緒にパブにご飯に行った。

パブでは食べながらお互いに「アイルランド料理って下味っていうもんがついてないよね」と「食べごろっていう概念が無いのかねえ」などと愚痴愚痴文句を言い合った(笑)

そんなことを言い、食べ終わった赤嶺さんが一言

「でもおいしかったね」

全然説得力がないセリフだ。

f:id:arvensis1004:20161011003742j:plain

 夜になると街は更に活気を増す。

あちこちに点在するパブからは音楽が漏れてくる。そしてメインストリートのパブではどこもかしこも人がいっぱいだ。これは参加するのも一苦労。まぁいいセッションを見るだけでも良いんだけどね。

そんなことを考えながら色々なパブを覗き、セッションを立ち見してはまた別のパブへ行くというのを繰り返し、足は自然と人が閑散なエリアに向く。

賑やかな場所が苦手なもので。

そんななかでBrian Kelly'sというパブを見つけた。

中を覗いてみると、割とすいている。

ドリンクを注文して、セッションの近くでしばらく見ていることにした。

うん、まったりとした良い雰囲気のセッションだ。ミュージシャンの年齢層が高いこともあるが。

それにみんなそんなに上手いという感じではないが好きで楽しくやっていて良さそうなセッションだ。

そのうちに参加者のおばさんから「あなたも演奏しなよ」と誘われたので参加することにした。

適当に知っているリールのセットを演奏する。他に知っている人がいなかったようで、2曲目はソロになってしまった。

おまけに緊張であまりちゃんと弾けなかったのだが、弾き終わったあとにおっちゃんが「Lovely」って言ってくれたり、周りから暖かい拍手を貰えたりしてほっこりしました。

途中でわかったのだが、参加者が6人ほどいてそのうち3人はスコットランドから旅行で来た人だった。

そのためスコットランドの曲が3曲に1曲くらいの割合で出てくる。

主に演奏するのはフィドルとパイプ(および笛)とギターの3人だ。シンプルな構成も聴きやすくて良い。

アイリッシュを楽しみにきたのだが、スコティッシュも聞くことができて少しお得な気分だった。

途中、大きな体をしたおばさんが抜群の美声で落語みたいなお話を始めたりして、お客さんにも大ウケだった。うーん、、内容がわからないのが残念だ。

セッションは参加者が少ないこともあり、他の方ともお近づきになれた。

また明日も顔を出してみようかなと思い、その日は深夜1時ころに宿に帰宅。