Above the clouds

主にアイルランド音楽で使われるフィドルを勉強中です。日々の気づきなどを書いていきます。

名古屋セッション

先日は名古屋のシャムロックというアイリッシュバーに遊びに行ってきました。

セッションの前に食べたローストビーフバーガーがおいしかったです。

人気メニューらしいです。これはオススメ!

 

アイルランドのクレア地方の音楽に影響を受けている主メンバーが中心のセッションは他のところのセッションとは違う特徴的なところが色々とありました。

比較的演奏のスピードがゆっくりなこと、繰り返しが多いこと、オーナメーション(装飾音)がほとんどないこと、選曲がメジャーなセッションチューンでないことなどです。

ただゆっくりで繰り返しが多いことから、セッション参加者は曲を知らなくてもそれほど複雑でなければ途中から混じっていきやすいということもあるし、繰り返しながら盛り上がっていくと何だかハイになってきて気持ち良いですよね。

知人は「ここのセッションは聞いてても楽しいし、そういうセッションはなかなか無い」と言っていましたが、確かにそうだなあと思いました。

一方でセッションのスタイルが出来上がっているために、より自由なスタイルで個性の強い演奏したい人にとってはちょっとした閉塞感を感じる部分もあるかもしれないなぁと思ったり。

もちろんそれは悪いところという意味ではなくてそれがそのセッションの特徴というだけですけどね。

参加者としてもそのセッションに合わせていくという心がけが必要なのかなと思いました。

Irish carnival Vol.2

先日は大阪のアイリッシュ・カーニバル(Irish carnival)Vol.2に遊びに行ってきました。

前回は去年12月に初めて開催され、今回は2回目ということです。

主催のhataoさんたちとは以前もセッション・ライブでご一緒し、その際はとても良い経験をさせていただきました。

また一緒に演奏したいと思っていたし、関西の方ともセッションでご一緒したかったので、ようやく叶いました。

3F建ての会場で1Fでは終日フリーセッション、2Fではライブとレベル別セッション、3Fではワークショップ。最後はセットダンスとケーリーも有りという色々な要素が詰め込まれたイベントでした。

この形式は今回初で、運営の方々もどんな形にしていくのが良いのか色々と試行錯誤してらっしゃる様子です。

3回目以降があるのならまた楽しみにしたいなと思ってます。

 

フリーセッションはレベルが高かったですね。遠巻きに見てるものの参加できない方もポツポツいたようで、もっと多くの方と一緒に演奏出来たら良かったなぁと思いました。ホストが居ないのも難しいですよね。

下手でも演奏できなくても良いのだとか、セッションの中に入ってただ聞くだけでも良いのだと割り切ってしまえると楽しめるのですが。一緒に演奏できないなら入るべきじゃないと思ってたら、そりゃ入れないかも。

 

ところでこのイベントのためにhataoさんがチョイスされた曲集がメジャーな曲がバランス良く入っててとてもオススメ。

Irish carnival vol.1

Irish carnival vol.2

こちらでも新しくセッションに来る人がいたらこの辺から曲をチョイスしていこうかな。

彩り豊かに

昨年から時々、氷見の紅茶屋さんにてセッションをしています。

氷見市寒ブリなど魚がおいしいことで有名なところですね。

いつもフィドルコンサティーナの2人で気ままにやっていますが、最近ハープ&笛吹きさんが遊びに来てくれるのでまた雰囲気が変わって楽しくなってきました。

この間はコンサティーナ弾きさんが学生時代に使っていたというマンドリン(フラットでない方)を持ってきたので試しにそれをやってもらったり(気を抜くと昔のクセでトレモロで弾きそうになるそうだ)、紅茶屋さんにあるミニピアノで伴奏もどきをつけてみたり、カホンでリズムを刻んでみたりと、色々実験的な遊びをやっています。

個人的には昔からピアノをやっていることもあるので、ピアノ伴奏をそれらしく弾けるようになりたいなと思っていたり。

ちょっとずつ輪を広げていきたいところです。